CoCodeDo

話題のシェアリングエコノミーについて

Introduction

takiuchitakehiro

takiuchitakehiro


LATEST POSTS

FileMarketPlace 13th December, 2017

Laravel Notification 12th December, 2017

プログラミング

話題のシェアリングエコノミーについて

Posted on .

今、話題のシェアリングエコノミー。
従来のサービスや企業の形を変えようとしている人たちとっては、特に話題です。
経済破壊だなんだと物騒なバズワードが飛び交っています。
それでも、現実は、かなりギャップがあるようです。

大量のアクションやマーケットにより、シェアリングエコノミーが成り立っています。
シェアリングエコノミーと聞いて、思いつくのは、UberやAirbnbですが、
実際のところ、その市場は、かなり広く、そして、深いものです。
針小棒大に騒いでいる人にとっては、恐らく重要ではないと思います。

Pew Research Centerの2016年5月の調査結果によると
Esty、Pinterest、Ebayのようなオンラインサイトで
中古品を購入したことがある人は、50%だそうです。

しかし、シェアリングエコノミーと聞いて最初に思い浮かべるのは、
店舗に行かなくても欲しいものを購入できるオンラインサイトでないと思います。

シェアリングエコノミーの良いビジネス例としては、StubHubがあります。
これは、個人でチケット転売できるサービスです。
調査によるとこのサービスは、28%の勢いで成長しています。

それでも、Uberのような車両を呼び止めるアプリを利用しているのは、
アメリカの成人の15%に過ぎません。

この数値は、車両シェアの拡大を反映したものではありません。

eMarketerは、狭義の意味では、コミュニティーベースのオンラインサービスです。
そこでは、所有物、商品、もしくは、サービスを売ることのできる1対1の支払いできる場を用意します。

シェアリングエコノミーの宿泊施設部門によると
At the lodging sector of the sharing economics,

2015年の利用者を1,030万人であると見積もっています。

今のところ、これらの有名なサービスの中で最も有名なのは、Airbnbです。
2016年は、22%の成長率で1,260万人のユーザになると思われています。
この数値は、2017年までに1,450万人にまで膨れ上がると予測されています。
これらは、とても注目すべき数値です。

しかし、車両シェアアプリのようなサービスの熱気は、市場予測に反しています。
1,260万人のユーザの年間数字は、アメリカの成人人口の割合から見れば、たった5%です。
ネットのオンラインユーザ数を低く見積もったとしても、5.8%です。

2020年には、予測では、1,930万人になると思われています、それでも、7.4%です。
インターネットユーザを含めたとしても、8.4%です。
年々、増えてきているシェアリングエコノミーであっても、この傾向は、否めません。

takiuchitakehiro

takiuchitakehiro

There are no comments.
View Comments (0) ...
Navigation